我、「問いのマンガ」を始める、ゆえに我あり。
見出し画像

我、「問いのマンガ」を始める、ゆえに我あり。

こんにちは!つのだふむです。更新がちょっぴり遅れてごめん!🙏

今週はこんな感じ。

・今週の雑観
・「このかんじ、マンガにしたいんす。」のコーナー『問いマンガ』
・楽屋の奥(有料部分)

◯今週の雑観



先週からNewsPicksで連載が始まった「REACH-無限の起業家-」。
現在3話まで更新されているのだが。

実は今、このマンガの後半から最終回に向けてのネームが構成がうまくいっていないとギリギリで気が付き、チームで話しながら、ギリギリでやり直していてます。ふえ〜。
確かに、連載が始まってる3話分と、直そうとしてるところはマンガとしてのテンションも違うな、とか、後になってわかってくることがあって、ギリギリ直せる時間もあるから、やり直してみている。

この前、「水曜日のマンガ道」に出演したときにも話したのだけど、ネームの変遷は辿ると面白いなと思うので、また今度まとめて整理して楽屋の奥に載せようと思う。

ーーーーーーーー

◯第4回「このかんじ、マンガにしたいんす。」のコーナー

先週、時間がなくてトバしてしまったこのコーナーを今週はやります!
毎週金曜日に公開で行われている、僕、ホリプー、秋野ひろと佐渡島さんの定例会。
そこでの会話をもとに、マンガのネタのタネをここで出していくコーナーです。

前回の定例会で、「キャラクターを多角的に仮説を立ててみる」という話が出た。
嫌われ者を「こうだったら、好きになっちゃうかも。魅力的かも」という「演出」をマンガで加えて描いてみる、というのが、キャラクター作りのいい試し方かもしれない、という話になり、今回の定例会では各自そういうマンガを描いてきたので、それを見せ合いながら話した。

僕は、それと合わせて、新しいシリーズ「問いマンガ」(名称仮)を始めたので、今回、それを融合させる感じでマンガのネタのタネを描いた。

それがこちらだ。▼

「10万年先の未来人へ」


「頼りない総理」

この「問いマンガ」が自分の中に新しい問いを見つけていくのに、いい試みにもなっていくなと思い、これこそが僕のやるべきネタのタネの実験かもしれません。
と言うことで、この読みやすい哲学の本を手に取り、ここから、今世の中にある問いがどんなものなのかを知っていき、そこからマンガにしていくことにしました。▼

今週はこれを読んで、3本の問いマンガを描いたので、それをこの先の楽屋の奥に載せます。(来週無料部分に載せます)

それでは、ここから先は楽屋の奥です。ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました!
いいねやシェアをしてもらえると嬉しいです!

この続きをみるには

この続き: 5,464文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が参加している募集

note新エディタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

うわあ、めっちゃ好き!!
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りリアル・ユー」/NewsPicks 新連載「REACH-無限の起業家-」/ コルク所属 ▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730