見出し画像

ザマンガホニャララを買った。

ブルボン小林先生、つまり長嶋有先生は僕が一番好きな文章を書く作家です。この人が書くなら、まあ面白いことだろう、そう思わせてられてしまうことがもう、僕は夏目漱石以外では長嶋有先生しかいないのだ。
僕は作品にユーモアというものを切に欲していると思う。世の中的に評価されている作品でも、あんまりよくわからないなぁというのは、だいたい自分が好きなユーモアと合わない。

マンガホニャララシリーズでは、「マンガホニャララロワイアル」で、僕がライフスタイル角田時代に一度、「なんとかやってます。」というマンガで紹介してもらったことがある。
このマンガは週刊文春でまず載せてもらい、その後単行本にも収録された。このマンガはものすごく、下手だが、(今よりずっと!)僕の中で一番結果としては目立っている。2010だか2011の「このマンガがすごい!」にも載ったのだ。一票入ったから。
ぼくは人生で何度か、今度こそいける、と思い、その度に、いけなかった。いける、と思う次元が、低いのかもしれないけど、若かりし僕にとっては、本当にそのように思えた。マンガでも、映画でも、一瞬の夢のようにそう思わされ、泡沫の夢で消えていった。もしかしたら、多くの人はここで諦めるかもしれない。ぼくは全く諦めず、毎年、今年が最高だと思って生きている。2018は人生で最高だった。来年はもっと。そう信じています。おれのスタミナ、すごい。スタミナだけがすごいのかもしれない。凡人が天才に変わる瞬間を見たい。
ぼくと、ぼくのまわりの人に幸あれ。

#日記 #マンガ #エッセイ #マンガ家

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

正直、あなたのことが好き。
21

つのだ ふむ

コルク所属のマンガ家です。人と人が出会い、人生が変わっていく物語をたくさん描いていきます。つのだふむのtwitter ▶︎https://twitter.com/tsunoda_fumm

日記アーカイブ 「スピルバーグの倒し方」

創作日記アーカイブその2。2018年9月から2019年5月まで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。