見出し画像

ドラマの「ヒキ」の鉄則/りさこのルール12話ネーム公開。

おはようございます。

毎週日曜日は、りさこのルールのネームの先行公開日!
そちらと合わせて、今回は物語における「ヒキ」の話。

マンガ執筆の合間に、「梨泰院クラス」っていうNetflixの面白い韓国ドラマを見てるんですけれど。
先月から僕はLINEマンガで連載を始めており、そこで実感してきている「ヒキ」が、この梨泰院クラスは本当に良くできていて。

ヒキ、つまり、話をどのタイミングでいったん終わらせて、
「くそー次も早く読みたい!!」
と思ってもらえる着地の仕方、というか、着地をしないでおいて
「どう着地するんだろう!?」
と思わせながら終わる、というのがヒキだと思うんですけれど、
自分が連載で毎回ヒキを試行錯誤しているぶん、ヒキへの意識がすごい上がって来ているからか、
その状態で面白いドラマを見ると、自分の気持ちがどのくらいコントロールされてたかっていうのがちょっとわかってきて。

もう、「梨泰院クラス」とか「トッケビ」みたいなすごいヒットしてるドラマレベルになると、ヒキ方がえげつない。

そりゃ次を見ないわけにはいかないよ。
僕なんて原稿やばい時に、3話一気に見てしまった。梨泰院クラス。
それって相当なヒキだと思うんですけど、
何が人間にとってヒキなのかっていうのに、突如気づいたんですよね。

別に気づいたっていうか改めて言葉にするだけですけど、、、

完全に「人間の感情」ベースなんですよね。

人間の気持ちが大きく揺れ動いて、これどうすんだよこの想い、とか、単純にどっちの女の子を選ぶんだろうみたいな、たとえばそういう感情だと思うんですけど、そのどうすんだよって言う状況の「どうすんだよ感」の作り方はいろいろあれど、大前提として「この気持ちどうなるんだろう」っていう、大きく動いてる感情への興味があって、それ抜きにしたヒキみたいなのは、ほとんどないんじゃないかなぁと思いました。
まあ「犯人誰だったんだ?」とか「死ぬのか?助かるのか?」みたいなことも、ヒキっちゃヒキだと思うんですけど、多分それを描いただけだったら、ヒキになってる時と、なってない時が出てくると思って。

「犯人は誰だろうか?」って言われてもそんなに気にならないなあっていう時って、「バラされる側の感情が弱い時」っていうか。
たとえば、犯人がもしかしてあの人だったら、この人はめっちゃ辛いだろうなぁとか、嘘だろ?みたいな、信頼してたのにお前かよ!っていう、視聴者的にも
、登場人物的にも、凄まじい感情があるかどうかで、犯人気になると思うんですよね。

「ブラックキス」っていう日本映画があるんですけど、手塚治虫の子孫が作った映画で。これがすごい「意外な犯人」なんですね。
作者の手塚眞さんも、「いままでこういうストーリーはなかったはずだ」って豪語してて、ここからネタバレなんですけど、、、






どんなオチかと言ったら、

登場人物じゃない人が犯人なんですね。


まったく動かなかったですね、心が。

おい〜、子孫〜!!って思いました。

今日のふむごとでした。


ここから先は、今週水曜日更新「りさこのルール」12話のネームを先行公開です!

画像1

画像2

画像3

画像4

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっか…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、大好きなふむダチ!!
16
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730

こちらでもピックアップされています

ふむの楽屋
ふむの楽屋
  • ¥980 / 月

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっかりとまとめたものを発信したり、 次回作の構想、プロット、ネームをどこよりも早く、ここだけで公開していきます。 そして毎朝、仕事前の僕のボイスnote(5分)を配信します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。