見出し画像

つのだふむ動静2018年5月27日

朝。ウキウキしている。実は昨日の動静では情報過多になると思って、あえて書かなかったのだが、家のない人取材前に投稿した↓が、大好きな映画評論家の町山智浩さんにリツイートされたのだ!

映画感想マンガ「ザ・スクエア 思いやりの聖域」はこちら。

届くもんだなあ!読んでるかはわからないけど!ぼくはツイッター上で、ブルボン小林先生にも話しかけて昔描いたマンガを週刊文春のマンガホニャララで紹介してもらったり、とにかく運がいいのだ。運が武器。たまにネトラレたりするけど。

吉祥寺に行ったら、必ず立ち寄り確認するパン。この日の出来は、かなりアウト寄りだと思う。

アウトなパンのみ売れ残る?
にしても、このパン正直全然うまくないんだけど、わりと売れるなぁ。ハナコは人気者だな。あ、これハナコパン。井の頭動物園にずっといた、あのゾウのハナコね。

腰をいたわり、いつも参加してるこしの先生プレゼンツの漫画倶楽部を欠席したけど、もしかしたら行っても良かったかもな、というくらいに腰の調子は悪くない。まあ、歩くのがまだ遅いので、気を遣わせてしまうだろうからやっぱり休んで良かったか。行きたかったな。終わった後のみんなのツイートが楽しそうで悔しい。
悔しいので服を何枚か買った。
カフェやバス移動の時間で、ホームレス関連の記事や安部公房の赤い繭などを読む。それに加え、ふむダチのとっちーが教えてくれた上原隆「友がみな我より偉く見える日は」を読む。絶品。ノンフィクションだが小説のよう。これはすごいぞ、と興奮。この感触、マンガにしてみたいと思った。「ホームレス」という話もありつつ、「芥川賞作家」という話が、安部公房作品、そして昨日取材した西荻窪の家のない人とリンクし、なにかを掴みかける。ぼくはぼくの人生に、なにを求めているのだろう?なにがぼくを駆り立てて、生かしてるのだろう?ぼくは、誰にも会わずずっと引きこもっていたいという気持ちと、世界中旅してこの世の全てを見たいという相反する感情がある。だが、今、ぼくはそのどちらの行動もとっていない。ぼくにとって作品づくりが、なにかその両側面を持つ行為になってるのかもしれない。

大好き&ラブリーなふむダチのみなさん、最後まで読んでくれてありがとう!ぼくのツイッターはこちらです!ぜひフォローしてください!

#日記 #エッセイ #漫画家

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

好き、、、、です、、、、。
16

つのだ ふむ

コルク所属のマンガ家です。人と人が出会い、人生が変わっていく物語をたくさん描いていきます。つのだふむのtwitter ▶︎https://twitter.com/tsunoda_fumm

初期の日記「つのだふむ動静」

2017年の4月から9月まで、日常や感情を、ここに書き記しておいたもの。

コメント2件

その気持ちがまんま、漫画になるんじゃない?みんな思ってることだし。
こしの先生 ですかね?「ジャンル」も決めなくてはですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。