見出し画像

りさこのルールの超いい23話ネーム先行公開

自分で「超いい」と言って、ハードルを上げてしまったが、「つまらないものですが」というハードルを下げる行為はこの先未来永劫するつもりはない!
僕はもう、自分がダサいと思うことをどれだけしないか?自分がかっこいいと思えることをどれだけするか?だけを人生の行動基準にするのだ。


さて、35歳である。僕の年齢だ。いまだに、書類で年齢を書くときに「32」とか書きそうになる。32より年齢が先に進んだ記憶がない。そのくらい、年齢を気にせずにここ数年生きてしまった。

「6歳の僕が大人になるまで。」という映画がある。
リチャードリンクエーターという、「時の流れ」そのものをいつも主人公に据えているような、名匠だ。この映画は、実際に12年の年月をかけて、同じ俳優で撮影をし続けたとんでもない作品だ。
映像も、12年前の画質で、映り込むカルチャーも12年前。当然人物も12歳若い。
そこから物語の進行とともに、徐々に全てが現在に近づいてくる。そのめまいがするようなリアルな時間の流れを突きつけられて、序盤からクラクラする。

僕は最近、この映画の予告編を見て、テンションを上げてからネームに臨む。
毎回最後に泣きそうになって見終える。劇場で見たときは、席からしばらく動けなかったくらい感動したのだ。
「これは俺だな。俺だけのことだ」と、思ってしまった。そう思わせたら作品は星で評価できない。マイベストになってしまう。この映画について、他の人の意見とか全く気にならない。そして、何度も見ようとする気もない。実際、映画館で観たきり観ていない。でも、この映画を、その時に観たこと、今また、僕が創作に向き合うときにこの映画の予告編でテンションを上げていること、その全てがぼくを作っているなと思う。
ぼくが生み出す作品も、世界の誰か1人にでも、そのようなものになれたらいいなと思って作る。

予告編の方が本編より良い、という映画が溢れているが、この映画に関しては、この予告編を持ってしても、本編の方がずっといい。ラストカットと、そこのモノローグは、今でも心に焼き付いている。


ここからはハードルを上げてしまった23話のネーム!有料マガジンにて、お楽しみください、、、!!!

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
僕はマンガのキャラクターを、新人俳優を発掘して、起用しているつもりで描いています。俳優は作品に出て、見られることで、進化していく。 見ている人たちに、育てられる。 スターになる前のキャラクターを、スターになる前から、一緒に育ててもらえたら嬉しいです!!!!!

マンガ家つのだふむの日記、表に出せない創作の舞台裏、マンガ仲間とのラジオ音声、作品の先行配信、日々のスケジュール、ここだけの描き下ろしマン…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、大好きなふむダチ!!
8
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730

こちらでもピックアップされています

今日のふむごとpremium
今日のふむごとpremium
  • ¥980 / 月

マンガ家つのだふむの日記、表に出せない創作の舞台裏、マンガ仲間とのラジオ音声、作品の先行配信、日々のスケジュール、ここだけの描き下ろしマンガなど、挑戦の記録を記していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。