見出し画像

勉強だけじゃマンガは描けない

物語を作るとは、どういうことなのだろう。

昨日、担当編集の佐渡島さんから
「まだ物語にダイブして描いていない」
と言われて、その状態のことがよくわからず、悩み、口数が減った自分がいた。

作業効率をあげることや、スキルの上達は、目に見えて刺激的であり、進んでいる感があるので、「マンガをやっている」風ではあるけれど、その上で本当に大切なのは、

「感情をとらえ、表現すること。」

その感情の捉え方、表現力は、なかなか目に見えた進捗ではないから、どうしても目に見えるスキルの方ばかりに走ってしまいがちだ。

今、ぼくはマンガの「型」は実践しはじめている。その型があるから、客観性はキープしたまま、安心してダイブすることができるらしい。

マンガ専科で、いろいろな理論を学んでいて、最終的に大事なのは「ダイブせよ」っていうめっちゃ抽象的なのが、面白い。

僕も結局、創作は理論だけで語れるものではなく、そのダイブとかトリップ感に魅せられて、この道に進んだのだ。
勉強しただけで良いものが作れるのだったら、マンガがそんなに面白い世界とは思わない。

最後はその作者だけができるトリップで物語のドアを開ける。

自分はまだできていないけど、これからそれを目指すと思えたら、さらにモチベーションが上がるな、と、そんなことをおもった。

最後まで読んでくれてありがとう。
ぜひTwitterもフォローしてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、超絶好きなふむダチ!
34
マンガ家。4月からマンガ連載決定!→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / 毎日1ページマンガ→「今日のふむごと」コルク所属 twitter ▶︎https://twitter.com/tsunoda_fumm

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。