見出し画像

勉強だけじゃマンガは描けない

物語を作るとは、どういうことなのだろう。

昨日、担当編集の佐渡島さんから
「まだ物語にダイブして描いていない」
と言われて、その状態のことがよくわからず、悩み、口数が減った自分がいた。

作業効率をあげることや、スキルの上達は、目に見えて刺激的であり、進んでいる感があるので、「マンガをやっている」風ではあるけれど、その上で本当に大切なのは、

「感情をとらえ、表現すること。」

その感情の捉え方、表現力は、なかなか目に見えた進捗ではないから、どうしても目に見えるスキルの方ばかりに走ってしまいがちだ。

今、ぼくはマンガの「型」は実践しはじめている。その型があるから、客観性はキープしたまま、安心してダイブすることができるらしい。

マンガ専科で、いろいろな理論を学んでいて、最終的に大事なのは「ダイブせよ」っていうめっちゃ抽象的なのが、面白い。

僕も結局、創作は理論だけで語れるものではなく、そのダイブとかトリップ感に魅せられて、この道に進んだのだ。
勉強しただけで良いものが作れるのだったら、マンガがそんなに面白い世界とは思わない。

最後はその作者だけができるトリップで物語のドアを開ける。

自分はまだできていないけど、これからそれを目指すと思えたら、さらにモチベーションが上がるな、と、そんなことをおもった。

最後まで読んでくれてありがとう。
ぜひTwitterもフォローしてください!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっか…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
35
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730

こちらでもピックアップされています

ふむの楽屋
ふむの楽屋
  • ¥980 / 月

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっかりとまとめたものを発信したり、 次回作の構想、プロット、ネームをどこよりも早く、ここだけで公開していきます。 そして毎朝、仕事前の僕のボイスnote(5分)を配信します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。