見出し画像

つのだふむ動静2018年8月9日

「サドバス」というイラストを描いた。これがなかなか好評なようだ。

お金をもらうわけではなく、楽しそうなのでやった。ふと思ったのだが、だれかを純粋に喜ばせるために、仕事じゃないところで真剣にモノを作るという行為をぼくはわりとやってきたほうだ。友人の結婚式の余興など、いくつやっただろう。かなりの労力や身を削ることもした。作り手として、やるのが当たり前くらいの気持ちがどこかにある。頼まれようが頼まれまいがやる。正直めんどくさいこともあるが、とりかかればその感情も忘れる。作ることには「よろこび」と「つらみ」があるが、「よろこび」はやっぱり相手に見てもらう瞬間だ。自分で見る瞬間もか。
会社がからむ「案件」という枠組みの中以外で、(どんなささいなことでもいいのに)だれかをよろこばせるための創作をやらないなら、おれならばクリエイターは名乗らない。それは職人。職人もみな自分の仕事にプライドを持っているだろうけど、この話ではそのプライドなどどうでもいいし、「仕事だからちゃんとやるんだ」という「プロ意識」には無表情でこたえよう。大切な人たちをよろこばせるためのことを考えて実行するような余興、、そういう仕事じゃないことはやらないのかどうかだけの話。

これはだれに向けるでもなく、いろいろやったよね〜という自分への労いの言葉なのであった。今日も最後まで読んでくれてありがとうね!!

#日記 #漫画家 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
13

つのだ ふむ

コルク所属のマンガ家です。人と人が出会い、人生が変わっていく物語をたくさん描いていきます。つのだふむのtwitter ▶︎https://twitter.com/tsunoda_fumm

初期の日記「つのだふむ動静」

2017年の4月から9月まで、日常や感情を、ここに書き記しておいたもの。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。