人間だけが持つ「ものを残したい」という感情。
見出し画像

人間だけが持つ「ものを残したい」という感情。

こんにちは、ふむダチ(濃いふむファン)の皆さん!

cakesで週刊連載中の「りさこのルール」が3週連続デイリー1位にランクインして、月間ランキングでも現在10位にいます。今日も1位が獲れるのか!?ドキドキして待ちます!

まずは今週描いた絵です。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

この絵を描く理由は、これを描いているときは瞑想に近い状態になっていて(自己申告)、この感覚をマンガを描いてるときにもどうにか得られないものか、と思ってやってます。

あと、今週から毎日1ページ描く、短編マンガ更新をTwitterで始めました。

「見えるとつらいものが見えている」▼

画像7

画像8

画像9

画像10

まだ4日なので、ここまで。#5は本日更新します。

15日とか続けて15ページの短編が出来上がるイメージ。それを繰り返し続けて奇想短編集を作る狙い。描いてる長編のネームの合間に、脳髄反射で思いつたまま、自由に1ページマンガを描くのはとてもいい。自由に描くとこうなり、長編で色々試行錯誤して描くときはこうなる、それぞれにいいところがあるな、と気づいて、相互作用が起きればいいと思っている。

ーーーーー



◯人間だけが持つ、「ものを残したい」という感情。

先日、実家に帰った時の食卓のこと。
漬物用の箸がやけに小さいので、よく見たら僕が幼稚園の頃に使っていた箸だった。つのだ家は、それ以外も、僕が小学生の頃から使っているコップやら皿やらがたくさんある。「この箸とかコップ、まだ使ってるの?幼稚園のときからあるじゃん」と僕が聞くと「そうなのよね。あの頃に使ってたやつだ、と思うとなんか捨てたくないし、別にまだ使えるしね」と母が答えた。
こんな感覚は人間だけが持っているのだろうか。いま、そこにその箸があったから、この会話が生まれ、なんだかホワンとした空気が流れた。この箸を合理的に捨てていたら、こんな会話も生まれず、僕が何かを感じてこの文章を書くこともなかった。

さらに、僕の実家のマンションの駐車場には、長年放置されて埃の被ったベンツが2台置きっぱなしになっている。駐車場料金を払って、放置しているのだ。
実家に帰るたびに「まだ放置されてる」と思うその車からも、ストーリーが埋まっている匂いがする。
昨日、こんな記事も出た。伊藤かずえさんが、長年乗っている愛車のシーマを日産がレストア(初期の状態に戻す修理)するというニュース。同じ車を愛し、修理し続けながら長年乗る。新しく買い替えた方が合理的にはいいのに、「いや、これがいいんだ」と乗り続ける感覚、その人間の不合理な部分、こういう謎にドラマを感じる。コミネザ・ワールドがここにある気がする。


やはり僕は「ものを残したい」という感情、「残ってきたもの」から感じとる感情、それに不合理にこだわることこそが人間的なのではないか、という思いを強めたのだった。

これは、新作に生きてくるテーマだと思っている。


ここから先は、作画をホリプーが務める新作マンガの一本「ザ・クレイジー(仮)」のネーム先行公開。先日の第一話に続き、第二話を公開します。
一話も二話も、まだブラッシュアップしていくので、率直なご意見をもらえたらとても嬉しいです!!▼

それと、りさこのルール改め「リアル・ユー」の電子書籍版の表紙も先行公開します!

この続きをみるには

この続き: 70文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、超絶好きなふむダチ!
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 新連載準備中/ コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730