見出し画像

2018年7月23日 僕の好きな人種

▲写真は、手相のマンガネタを考えているときに手相について調べていて、「あれ!おれもしかして、あると凄いっていうスター(星紋)ある?!」と一瞬思ったが、スターになりきれてない線があるだけだった。きれいに✳︎な感じになっている人がいるらしい。

昨日予告した、ぼくの好きな人種について。以前佐渡島さんとのマンガ定例会にて、つのだくんはどんな人が好きなのと聞かれて答えられなかった。しかし家に帰ったあと、ふつうにこれじゃん、というのがあった。ここでも何度も書いている。
自分と同じ種族。
誰に頼まれるでもなくひたすらに創作してしまう種族。「こういうことやろうと思ってるんだよね」と語る人ではなく、「これやってみたんだけど、見て!どう?!」の人。この種族は、だいたい周囲と流れる時間が違う。人生観も、まず創作があって、創作に付随するいろんなタスクがあって、それ以外をどうやって切り抜けていくか?という発想になりがち。
彼らは、言い方を変えればとても自己中。正直創作以外のことはほとんどどうでもいい。そう考えてる。考えてすらないかも。野獣のように理屈抜きで創作する。なのに、創作の内容についてはかなり理屈があったりする。この種族はほとんどのことがどうでもいいから、創作の話以外はヘラヘラしていることが多い。どうでもいいから目くじらをたてることもないし、へえーそうなんだと素直に聞く。もしくは聞いていない。しかしひとたび創作に関する話となると目の色が変わる。緋の目になる。

さしずめクルタ族だ。
エンペラータイムで創作。

彼らは誰よりも明快な人生観を持って生きている。作るオアダイ。作ることを封じられたときにやることが思い浮かばない。手先は器用でも、生き方が不器用に見えるだろう。
なにがそこまでこの種族を駆り立てるのか?自分自身にも、その興味はつきない。理由はない、作りたいからだ、で終わらせることもできる。でも、こまかく感情を刻んで見ていけば、根源的なエネルギーはあるはずだ。おそらく高校生までに生まれた、心臓が。
ぼくが物語を作って、主役にするキャラクターは、やっぱりこれな気がしたって話。

ずっと深く掘って書いていきたいが、一旦ここでしめます!今日もよんでくれてありがとう、ふむダチのみんな〜〜!!ふむダチも大好きなんだ!
ぼくのTwitterはこちら!ぜひフォローしてね!クルタ族大歓迎!

#日記 #漫画家 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
10
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。