実家怪談  つのだふむ
見出し画像

実家怪談  つのだふむ

先日、確定申告で実家に帰った時に、父がこんな話を始めた。

「寝室に、幽霊が出るんだ。」

突然の怖い話スタートに、僕はぎょッとしたが、父はお構いなしに話を続ける。

「寝ているときに、これまでに三度、肩を叩かれたんだ。お母さんが起こしに来たのかな、と思って目を開けると、誰もいない。確実に、体に触れられた感覚があるのに。」

それを横で聞いていた母が、合わせ技のように話し始める。

「あの部屋、おかしいのよ。私が1人でいるとき、必ず同じ時間にラップ音が鳴るの。」

ラップ音、、、?そんなさらりと心霊用語を言う人だった、、?
と、動揺している僕に、母が畳み掛ける。

「ある日、その音がしたところを見たらね、、、じいじの写真が落ちてたの。」
「それがあってから、部屋にじいじの仏壇を作ったのさ。」
と、なぜか得意げに父が締めた。

、、、たしかに、帰宅したら寝室に手作りの仏壇ができていた。
じいじ(父方の祖父)はだいぶ前に亡くなったのに、急にどうしたんだろうとは思っていたのだ。

なかなか前フリが効いてるじゃないか。

にしても、この話をする2人はまったく怖そうではない。むしろ嬉しそうだ。

あぁそうか、と思った。

こうやって物語にすることで、死んだじいじの近況を話しているような感じなんだ。

多分2人は、僕に話すときに、話を盛って臨場感を出している。
そして、ばらばらの些末な出来事を「祖父が会いに来た話」として、2人がかりで仕上げている。

伝えたいことが決まって、そう組み立てたのだ。マンガづくりと一緒だ。

たいそうなことじゃない、人に伝えたいことを伝えるときに、自然と誰でもやることなのだ。

僕はマンガづくりを、やけに特別なものと思いすぎていたなあと気づいた。

久しぶりに会って、またちょっと年老いたように感じる両親を見ながら、
「人が物語を作るのは、会えない人に会えるからなのかもしれないな」
などと思い、風呂に入って寝た。

という、実家怪談。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、大好きなふむダチ!!
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りリアル・ユー」/NewsPicks 新連載「REACH-無限の起業家-」/ コルク所属 ▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730