見出し画像

僕という作家

結局、どれだけ深く細かく、作家としての自分を語れるかが、この小さな存在である僕がスピルバーグを倒すための唯一のキーだと思う。人はいつかみんな死に、それはスピルバーグだろうとふむだろうと同じ。あの世に作品は持っていけない。この世にのみ、作品と人生譚が残る。同じ人間として、この同じ重さの命を、どれだけうまく紹介できるか。人生をかけて、紹介していく。関わった他者も含めた、この人生を。それを作品というかたちでも、インタビューでも、すべての所作でも、語るのが、作家の役割と思ってやっていく。
スピルバーグにはないものが僕にはあるはずだ。それを丁寧に、ゆっくりと、しかし確実にスケールアップしていけば、可能性は見えてくる。僕は自分を信じる。34歳、まだまだだ。

僕はこう見えて、全くそう見えないと思うのだが、最近ラップをやっている。大学の友人とFMC(ファッキンマイクチェッカーズ)というクルーを今年結成。フリースタイル(即興)もやるし、曲もあるし(5曲)、先日はライブもやってみた。トラックはメンバーが作り、自分がラップするパートのリリックは自分が書く。ラップするのは自分のリアルだ。ラップでしか言えないこともあったりして面白い。

限定ふむのZINE 「僕」は冒頭読み聞かせにより10部完売。

ただ言葉だけで自己紹介するのは得意ではないが、このようなマンガと、ラップする姿、オフの時の照れ臭そうに話すシャイボーイ感、そのギャップも含めた全部で、かなりの自己紹介になっており、「よくわからない人」とは誰にも思われないと思う。もっと深めて、さらにストーリーにしていって、「マツコの知らない世界」で撮れ高十分となるくらいうまく語れれば、1つクリアだ。

自律神経がお乱れになり、イラストのような精神状態。マンガが描けなかった。
これも、自己紹介。いつか効いてくる伏線。
どんなトラブルも伏線と思えばいい。

#日記 #マンガ家 #マンガ #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
21
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。