「このかんじ、マンガにしたいんす。」スタートです
見出し画像

「このかんじ、マンガにしたいんす。」スタートです

こんばんわ、ふむダチの皆さん。
オリンピックが、始まりましたね。
なんだかすごい時代に立ち会っている感じがする中、なんにせよ僕は毎日を精一杯生きています!

画像11

ーーー

一つご連絡事項。
本日7月25日からnewspickにて連載開始予定とお伝えしていた「REACH-無限の起業家-」という僕の新連載(ネーム担当)が、また少し先に伸ばすことになりました。
8月です。
改めてその日に向けてじわじわと宣伝をしてゆきますので、応援よろしくお願いします!
描きながら、僕がとても影響を受けた人物の自伝的物語です。

画像12

ーーーー



今回から、少しだけnoteの形を変えてみようと思います。
これまではここを、無料部分も有料部分も、日記や振り返りのような場所としていました。
最近ではそれをできるだけマンガでも表現して、文章とともに載せていました。

これからはこの場所を、その日記や振り返りと合わせて、
「新連載のタネ」を発信し続ける場所にしたいと思います。

画像13


僕が毎日見ているYouTubeで、芸人ジャルジャルさんの「ジャルジャルタワー」というチャンネルがあります。▼



これがすごくて、毎日必ず「ネタのタネ」という枠組みで、2人の新作コントがアップされるんです。
新作を毎日ですよ?3分から10分くらいのコント、新作を、毎日。
(そんな芸人さん、他にいるのか?)
ネタのタネであるという前提でハードルは下がってるとしても、僕はほぼ全部面白い。
ファンにとっては、毎日上がってくる新ネタは、なんにせよ面白いんです。
その中でも特に反応が良かったり、気に入ったものは「本気ネタ」という枠に上がって、ライブやテレビで披露しているんです。
毎日上がるからこそできるアイディアも入れてきたり、とにかく尊敬します。

凄まじいですよ。
昔から好きだけど、最近さらに凄まじいと思っています。
コロナになってから、オンラインで掛け合いするコントもいち早くやっていました。
募集した素人を参加させたり、やってることが本当にすごく面白い。
彼らは、シュールといわれたりもしてきたけど、今や僕はシュールと思わない。この2人の目には、本当にこのように世界が見えている瞬間があるんだろう、と感じます。
そのくらい十数年ブレていない。彼らが世界を見る視点をもらっている感覚。

それで、僕もマンガでこのようなことをやりたい。
どうしたらいいだろう。
そうだ、僕はnoteをyotubeのように使おう。そう思ったのです。

画像14

実は僕も、毎日「振り返りマンガ」という1ページマンガを描いています。
それは有料の日記部分に、日記とともに載せていて、先週まではそのマンガに加えて「ドリームダイアリー」という夢日記1pマンガを描いていました。

今週からドリームダイアリーをやめて、「新企画のタネ」という枠でマンガを描いていこうと思います。

画像15


そこで僕が考えたのが、毎週金曜日15時ー16時で公開zoom配信している、佐渡島さんとの打ち合わせを、毎回常に新企画のタネが生まれるような場にしたい!というアイディアです。

今週からそれを始めました。
定例会のタイトルも勝手に決めちゃいました。
一緒に打ち合わせに参加している秋野ひろ、ホリプーもこのバナーは初めて見たことでしょう。
こうして作っちゃう方が、引き締まるからな。▼

画像6

この公開zoom会議を見るためのリンクは、毎週その日の時間の前にツイートしてお知らせしています。このように。▼

このタイトル通り、まさに、「この感じマンガにしたい」という曖昧な感情を、曖昧なまま持ち込んで、話して、打ち合わせの終わりには、まず超短編が一本すぐ描けるくらいには、タネを持ち帰る。
そういう狙いです。

そんで早速、その打ち合わせで持ち帰ったタネをもとに、4pのマンガを描きました。
このタネは、どのような打ち合わせの中で生まれたのか、という裏話と合わせて、読んでもらえたら嬉しいです。
後にTwitterでもアップしますが、佐渡島さんとの裏話も合わせていち早く読める場所をnoteにするので、有料部分にて載せます!
いつか本気ネタに花ひらく前段階のネームとして、色々想像を巡らせながら読んでもらえたら嬉しいです。
有料部分には、そのほかに5本の日記マンガを載せています。
日記マンガもネタのタネ。この企画の数ページマンガは、より強めのネタのタネ。「毎日タネを生んでいく」というイメージで、日々の活動を再設定しました。▼

ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました!
もし面白かったら、いいねやシェアをしてもらえると嬉しいです!!



▼第一回「このかんじ、マンガにしたいんす。」のマンガ▼


画像7



この続きをみるには

この続き: 3,715文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、超絶好きなふむダチ!
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 新連載準備中/ コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730