見出し画像

つのだふむ動静2018年8月23日

広告募集、という広告をみると、気が狂いそうになったくる。脳について語る脳科学者の脳、みたいな。

「鍵」を取りに向かっている。鍵とは、本来の意味の鍵でもあり、もっとメタファー的な、鍵でもある。マルホランドドライブの青い箱みたいなものだ。鍵には、鍵穴がともなう。鍵を手に入れたら鍵穴を、鍵穴を見つけたら鍵を。必然的に探すことになる。
そして見つけたら、差し込み、ひねる。開けたらまた新しい世界がはじまる。

Zeroのネームに向き合い続けているが、まだ鍵が見つからない。でも、鍵穴は見つけたと思っている。これが鍵穴なのか、ただの穴なのかは、鍵を見つけてひねるまではわからないか゛、、、。
ところで、最近仕事ではいわゆる「現実」と向き合っている。どんなに理想をもってしても、限られた時間、限られた条件では出来ることが現実的に集約されていく。これは実際には仕事以外でもそうなのだが、仕事では如実にそれを体感する。
現実にやれることは、なんなのか?を判断する速度が上がり決断が早まることが、仕事ができることなのかもしれない。
しかしそれは、果たして75点〜85点の仕事を超えられるのだろうか?ともおもうふむ蔵であった。

今日も読んでくれてありがとう、ふむダチのみんな〜〜!

#日記 #エッセイ #マンガ家

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
12

つのだ ふむ

コルク所属のマンガ家です。人と人が出会い、人生が変わっていく物語をたくさん描いていきます。つのだふむのtwitter ▶︎https://twitter.com/tsunoda_fumm

初期の日記「つのだふむ動静」

2017年の4月から9月まで、日常や感情を、ここに書き記しておいたもの。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。