見出し画像

主人公が主人公であるための信念とは。

先ほど、生配信している佐渡島さんとの定例会で、キャラクターについてすごくいい議論ができたので、記録しておきます。

今回は「りさこのルール」の19話のネーム(有料で公開中)を元に、打ち合わせをしたのだけれど、
19話にしてはじめて、園田が信念らしきものを見せた!という話になった。

端的に言うと、尊敬する先輩を危険に巻き込まないために、葛藤しながら苦渋の決断をするのだけれど、そのシーンで、「園田はそういう信念で、そういう行動を取れる男なんだ」ということが表現された。

佐渡島さん曰く、
「自由と他由」の概念でいうと(佐渡島さんのこちらのnote参照)、園田は「自由」の行動を取ったと。

例えば、A、Bどちらを選ぶか?という選択を与えられたとき、どちらかを選ぶのは、「他由」。
そこでCを自ら作り出して、Cの選択をするのが「自由」といえる。

自由の行動をとることができる人は、揺るぎない信念がある。他者に行動をコントロールされないからだ。

超おもしろい物語とは、第一話でこの信念と、信念ゆえの自由がみえるものだ!
という仮説が立った。僕は19話かかってしまったが、、、!

まず一話で、揺るぎない信念と自由な行動が示され、そこから先、信念が試されるような出来事が起こり続ける。それが「物語」なのではないか

どうだろう?
僕にはすごく納得感があった!

今、ものすごく話題のNetflixドラマ「梨泰院クラス」は、これのお手本のような物語だと感じる。

ぜひいろんな意見を聞かせてほしいです!

打ち合わせの生配信は、基本的には毎週水曜日と金曜日にやってます!来週以降の予定です。
ぜひ視聴してみてください!▼

6月 17日 (水曜日)⋅午後4:30~5:00
6月 19日 (金曜日)⋅午後5:00~5:30

6月 24日 (水曜日)⋅午後5:30~6:00
6月 26日 (金曜日)⋅午後5:30~6:00

画像1

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっか…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

抱きしめていい!?
22
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 毎朝7時更新→#美人一年 / コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730

こちらでもピックアップされています

ふむの楽屋
ふむの楽屋
  • ¥980 / 月

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっかりとまとめたものを発信したり、 次回作の構想、プロット、ネームをどこよりも早く、ここだけで公開していきます。 そして毎朝、仕事前の僕のボイスnote(5分)を配信します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。