見出し画像

日記〜台風14号の記録〜

つのだ ふむ

今週も週刊楽屋ばなしを見に来てくれてありがとう!

いやはや、、、、今週は、超巨大台風にヤバハウスが襲われて、
大変なことになっていて、noteの更新も遅れました。
その時の実況中継をお聞きください、、、、。▼



自分でもこんとき、結構怖くて、こうやって音を収録することで、ネタ化して気持ちを落ち着けていたんだと、後になって気づいたな。
信じられないくらい、家が揺れ続け、雨風の爆音が鳴り続けたんですよ。
かなり早い段階から、停電&断水だし。

あまりにも異常で恐ろしい状況だったんだけど、心を保つために、それを受け入れる精神になっていくんだなと思って、後から振り返ると、そのことが怖い。笑

ーーーーーー
さて。ここは、
マンガ家である僕が色々と創作の裏側や日常や記録を振り返っていく場所。

僕のこれまでは、

こちらのnoteをザクっと読んでもらえると!▼


雑感

今週は、台風災害が感情を揺さぶられた。
冒頭にも書いたけれど、台風が直撃した日の夜は、本当に異常な状況だったと思う。
家中が浸水し、一晩中爆音が鳴り響き、震度3くらいでずーっと揺れ続けていた。
しかも、停電、断水である。真っ暗の中で、水も使えない上に、これである。

僕も奥さんも、その異常な状況に対して、やけに冷静だったなと、振り返って思う。

「階段下の臭い収納」に納めていた、防災リュックを(イヤイヤ)取り出し、
懐中電灯やランタン、災害時用の簡易トイレ、紙皿、などなど、今回、マジで合ってよかった、なかったら大変だった、という、防災グッズ体験をした。

ただ、ランタンはなぜかつかなくて、これは事前に試しておけばよかった、と思った。
停電は2日にわたって続いた。せっかく買い込んだばかりの、冷蔵庫の中のものを慌てて使ったが、ダメになったものはダメになったし、
トイレを使えないと言うのは本当に辛く、一晩はとりあえず簡易トイレでしのいだ。
僕は簡易トイレ勿体無いと思い、暴風の中、立ちションを何度かした。笑
それがすごく気持ちよかったので、それに関しては、またやりたい。

辛さのピークは、暗闇の中、懐中電灯を持って、夜中に奥さんと家の見回りをして、雨漏りに対処して、寝室に帰って寝室を照らしたら、そこにムカデがうねうねしていた時だ。
このとき、絶望という言葉が頭に浮かんだ。
災害にプラスして、寝室の暗闇にムカデがいるという精神攻撃は、かなりこたえた。
なかなか、人に伝わりづらいのだが、寝室にムカデがいた、というのは、とんでもない精神攻撃なのだ。
その一匹を倒せばすむ問題ではない。
そいつがいた瞬間から、僕らの寝室は、安心して眠れない空間に変貌した。
流石に参った。

ちなみに、寝室も、小窓から大量に雨が侵入し、畳はびしょ濡れである。
その水のところにムカデが楽しそうに泳いでいた。

僕は布団を、どうにか濡れない位置までずらして、寝ていたのだが、途中からもう、濡れないようにするという気力もなくなっていた。


台風直撃の次の日、停電が直らなかったので、やじま家に避難し、泊めてもらった。
やじま家についてしばらくしたら、停電が復旧したと、隣人から連絡をもらったのだけど、僕らはあの家でもう一晩過ごす気力がなくて、そのままやじま家に泊めてもらった。
なんて静かで、心地よい場所なんだと感謝した。
寝床、水、安心な壁のある空間、そこで食卓を囲んで、落ち着いて会話をしながら食べるということが、どれだけ恵まれて大切なものかというのを心底感じた。

台風直後に、佐渡島さんや、矢島家が、僕らのことを心配してすぐ連絡をくれた。
僕らは無事だったけど、「こんな状況だ、こんなことが起きた」ということを、
伝えられる相手がいる、というのが、とてもありがたかった。

冒頭で書いたけど、状況を書いたり、ツイートしたり、マンガにしたり、喋ったりして「ネタ化」することで、客観的になり、落ち着くことができるのではないかと思う。

そんなことに気づいた、激しい1週間だった。

今週のいただきます。マガジン更新しました!▼
台風で避難したやじま家でのご飯の美味しさが忘れられません。

https://note.tsunodafumm.com/n/nb53702f3c43a


Voicyもほぼ日で更新しています。
今週は台風災害に関することが多い。▼



今週の糸島STORY。▼
このマンガの面白いところは、ちょっとだけ過去を描き続けているところだなと思った。
これから、台風編が来ることを、マンガの中のキャラたちは知らない。
でも僕は知っている、、、、。



台風の渦中で色々撮っていたものをまとめました。
台風の記録▼

他にもまだあるけど、これ以上は不安を煽るので(親とかの)笑、
やめとこうと思います。


○今週の作品先出し&振り返り

「もしも名門サッカークラブの名コーチがマンガスタジオをコーチングしたら。」(仮)

の最新ネームは、いろんな状況が重なり、またしてもありません!
たくさんマンガ描いてるんだけど、まだ出せないものが多く。
これからを楽しみに待っていてください。

その代わり今週は、「ブランディングマン」の最新話のネームを先出しします。
ただし、これはまだ初稿なので、セリフも整理されておらず。
最終原稿と見比べてもらったりしたら楽しいです。どうぞ!▼

この続きをみるには

この続き: 20文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

¥980 / 月

ここでは、毎週日曜日更新で、僕の近況や、感情、出来事をしっかりとまとめたものを発信したり、 作品の構想、プロット、ネームをどこよりも早く、…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!