マンガの「中」に入るよりも「外」をなくす話。
見出し画像

マンガの「中」に入るよりも「外」をなくす話。

つのだ ふむ


こんにちは!つのだふむです。
初めて来てくれた人、ありがとうございます。
ここは、マンガ家である僕が色々と創作の裏側や日常や記録を振り返っていく場所。

こちらのnoteをザクっと読んでもらうと、より読みやすいかと思います!▼



ーーーー

さて、今日は、まず、僕がだいぶ前に描いたこちらからご覧いただきたい。▼

画像6

画像7

画像8


、、、これは昨年、マンガ家仲間内で「励まし合うとはどういうことか」という議論から、「マンガの外・中」の話をした時のことを記録したマンガだ。

しかし、最近僕は、マンガの「中」にいるというよりも「外」というものをなくす、ということなのではないか、と気がついた。

そう考えるきっかけは色々とあったのだけど、特に直近、感動する出来事があった。
僕の大学からの友人で、イラストレーターをやっているKOくんという仲間がいる。彼は福島県出身で、僕も父が福島出身で、よく福島に遊びにいっていたので、福島話でよく盛り上がる間柄。
福島は「喜多方ラーメン」が有名だが、実は東京にほとんど進出していない「白河ラーメン」と呼ばれる、至高のラーメンがある。
僕とKOくん、そしてSNくん(彼も親が福島出身)は、会うたびにこの白河ラーメンの話で盛り上がる。(僕は日本で一番好きなラーメンが、福島にある白河ラーメンのとある店だ。)
ある日僕は、その店のことをtweetしたのだけれど、そしたらKOくんは、自宅に僕らを招待し、ゼロから自作した白河ラーメンを振る舞ってくれたのだ。
スープはもちろんのこと、手打ちのちぢれ麺から、奥さんと一緒に、自分らで打って作っていた!笑

それがとても美味しく、僕は感動とともに、ものすごく嫉妬をしていた!

「なぜ自分は、そんなにも白河ラーメンが好きで、食べたいくせに、東京じゃ食べれないと連呼するばかりで、自分で作ってみようと1ミリも思わなかったのか?」

彼のありようを見て、僕は痛烈にそう思った。最高にクリエイティブだと思った。

「これも創作につながるかも」とか、そういう前提ではないところで、純粋に僕を楽しませようと、そして自分も楽しみたいと、彼はラーメンを試行錯誤しながら作っていた。

これは完全に負けた、と思った。僕は、作品で悔しいと思うよりも、その人のあり方に、悔しさや尊敬を得るのだなとも気づいた。

、、、このことが、僕を「マンガの外とか中とかじゃないな」と思わせた出来事だ。
全て、繋がっている。生き方、どうあるか?なのだ。外や中という境界などなかったのだ。「ずっと中にいる」とかじゃない。全ての時間を、どう豊かに、工夫して、この人生を味わって生きていくか?それがすべてだった。
身近にいる佐渡島さんや師匠も、そのあり方の豊かさに尊敬の念が止まないが、同世代の仲間からその波動を受け取ると、全く違う刺激となって僕を襲った。

僕の行動が、これ以来すぐに変わったかといえば、まだそんなこともないが、これからの人生、どうありたいかということを改めて考えることになった。

今の僕の結論は、マンガの外・中、という概念を「なくす」というのが最高にクリエイティブな状態!


ーーーーーーーー

画像9

この形式で2コマまんがしてみた▲


ドリームダイアリーシーズン2始めました。毎日更新します〜なぜなら毎日夢を見るからね▼


問いのりさこもほぼ毎日更新中▼


ここから先は、僕の日記です!最後まで読んでくれてありがとうございました。
日記は文章と合わせて1、各日、1pマンガも描いてます。

この続きをみるには

この続き: 3,013文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

980円/月

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
つのだ ふむ
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りリアル・ユー」/NewsPicks 新連載「REACH-無限の起業家-」/ コルク所属 ▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730