おれの「タテスクマンガ」を振り返る(後編)
見出し画像

おれの「タテスクマンガ」を振り返る(後編)


こんにちは!つのだふむです。
初めて来てくれた人、ありがとうございます。
ここは、マンガ家である僕が色々と創作の裏側や日常や記録を振り返っていく場所です。

こちらのnoteをザクっと読んでもらうと、より読みやすいかと思います!▼



今回は、前回に続き「おれのタテスクマンガ」を振り返る。
前回は、「良かったところ」を振り返りましたが、
今回は「悪かったところ」を振り返ります。

前回▼


正直、全体的な悪かった点は、前回の「良い点」以外のところは、

全部悪いと言って良いかもしれないと思いました。


例えば、、、


これってもう、最終回なのですが、ただコマが縦に並んでいるだけで、構図の面白みもない。内容も、2人の男が会話しているだけ。派手なシーンの前振りにもなっていない。

つまり、

「縦スクロールマンガであること」の意味は特にない。

やっぱり、これじゃダメなんだと思いました。


つっまんねーコマ割りと構図!!!!


このシーンて、緊迫感がピークで、いかようにも演出することができたはずなんです。ありえないなー!もったいなすぎる。コマが縦に並んでいるだけ。構図も無味無臭。迫力も不気味さもない。

前回紹介した、「良い点」以外は、全てこんな感じなっていると僕は感じました。なので、もはや「悪い点」は紹介しきれない。笑 
とにかく、あまりにも、面白味のある演出が少なすぎる。
ストーリーや作画ではなく「タテスク」の悪い点というところに絞った時に、本当に、全部だ。地味なシーンが派手なシーンの振りになっていれば意味があるけど、そういう意図が見受けられるところもほぼなかった。
「派手なシーン」のパワーが弱いので、それを基準にして、そこを立てるために、よりつまらなくしてるとすら感じるタテスク運びだ。

タテスクでどうやって見せるか、を考えたら、構図ももっと面白くできる。
もちろん全て、その演出の意図は心理描写を爆増させるため。このマンガは、もっともっと心理描写にタテスクで迫る実験をするべきだった。アクションやホラーでもない人間ドラマで、心理描写がここまで迫れるのか、ということを示したかったな。

なんか、吹き出しの配置とか、コマのサイズとか、コマの間のあけ方、みたいなことはよく議題に上がるんだけど、僕はそういうことじゃねえな、と振り返りながら感じた。
それを突き詰めて得られる読みやすさみたいなものは、もちろん前提として必要かもしれんが、そういうところじゃなくてもっと根本的に演出としてタテスクを捉えていかないと、やっぱり見開きの方がよくできたシステムだよなってことに行きついてしまうと思った。
読みやすい、とかじゃなくて、圧倒的な体験をタテスクで発明したい。

縦スクマンガを色々と読んでみても、縦で迫力を出すことに活かしているマンガはポロポロあれど、ストーリーと感情を最高に演出することに成功してるようなものがほとんど見つからない。僕の主観だけれど。


僕は、新作2本でそこに挑戦する。改めて、そう決めた。
自分が映像出身であることも、最大限活かしきりたい。

タテスク2本連載した経験は宝のはずだ!


ーーーーーーーー

最後まで読んでくれてありがとうございます!

あらためて、お知らせがあります。▼


12/4の土曜日に、久しぶりに根津カレーラッキーでファンミーティング「ふむ会」を開こうかなと考えています!


2019年10月



僕がこの2年でどんくらいのものになったのかということ、何があったのか、
リアルな現状と、ふむダチとの未来のことについて、これから作ろうとしてるものについてなど、現場だけで話せることを、みんなと話せたらと思ってます。

初めての方、大歓迎しています。ふむダチは穏やかで和やかな人ばかりです。

興味ある方は、参加の表明でなくても、このnoteに質問でも不安ごとでもなんでも良いので、コメントだったりリアクションくれると嬉しいです!
TwitterのメッセージでもOKです。▼

https://mobile.twitter.com/tsunoda_fumm



最後まで読んでくれてありがとうございます!

ここから先は、僕の日記です。

この続きをみるには

この続き: 1,506文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、超絶好きなふむダチ!
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りリアル・ユー」/NewsPicks 新連載「REACH-無限の起業家-」/ コルク所属 ▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730