見出し画像

「りさこのルール10話」のネームを先出し公開。

りさこのルールの連載が始まり、1週間が経過しました。

何人の方に読んでもらっているのかは、わからないけれど、
不特定多数の方に「読まれている」という感覚はすごい体験で、
1年かけて作っていたときには気づかなかったことに、たった1週間で気づいたりするものです。

自分はこれまで、「Xファイル」「ツインピークス」で洋ドラマに目覚め、最近では「ストレンジャーシングス」「マインドハンター」「トッケビ」などのドラマにハマってきました。

そのどれもが、強烈なヒキと、「また会いたい」と思えるキャラクターの魅力があって、僕が本当に作りたいのはこういうものなんじゃないか、と、連載はじまってから気がついたのです。いや、口では、何回かどこかで言っていたかもしれないけれど、心底思ったのは、はじめてのように感じました。

やっぱり、映画って長くても3時間とかだけど、ドラマは10時間、20時間かけて、キャラクターと物語世界を描いていくわけですから、完全没入するし、愛着も湧く。マンガも、やっぱり連載作品のほうが好きなものが多い。

長い時間、物語を浴びたいし、キャラに会っていたい。

「りさこのルール」を描きながら、そんな自分の欲求にあらためて気づいて、それをやりたいし、今やれるところにいるんだ、と思った。

「りさこのルール」の読者のみんなが、僕が愛するドラマに感じる気持ちと同じようなものを感てくれたら、僕はうれしい。

こちらからぜひ読んで、面白かったらぜひいいねをしてほしいです!!▼

「りさこのルール」



Twitterでは、コルクラボに所属している円さんという方が、第一話を動画にしてくれたものをアップしてくださったので、こちらも是非観てください!!▼


ここから先は、マガジンを購読してくれている方限定で、来週水曜日配信予定の第10話のネームを公開します!

ペン入れの段階でも、微調整でネームが変わっているので、そこも合わせて楽しんでもらえるとうれしい!


この続きをみるには

この続き: 21文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開していました。現在は連載準備中の「クレイジー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

ありがとう、大好きなふむダチ!!
9
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 新連載準備中/ コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730