見出し画像

週刊楽屋ばなし13-お正月号-

あけましておめでとうございます⛩🎍🌅

この年末年始は、コロナの中ということもあってか、テレビも世間の空気も、どこかいつもと違った雰囲気がありますね。

人と人が近づきすぎないようにしていることにあらためて、意識がいった。慣れてはきたけれど、観客がいなくて、各自歌う紅白とか、やはりショッキングなことだなぁ、と、この年末に感じました。

それでも、こんな状況でも、エンターテインメントは強いな、と感じます。世界が滅びかけても、きっとこの世から無くなることはないな、と思う。

滅亡のギリギリまでエンタメは生まれるはず。

僕も未来人や宇宙人に向けたマンガを描くかもしれない。

滅亡の先にある希望を作家は作るのだと思うな。

どんな嵐でも、嵐を描くだけでは物語にならない。嵐の後に、空にかかる虹を描くのが、作家なんだよな。

そんなわけで自分の仕事を誇りに思いながら、2021年が幕開け!

画像1

今年の抽象的目標は、「より生き生きと生きていく。」

そして、今年の具体的目標は、

「新連載を2つやる」


にしてみた!

新連載を2つやるというのは、一つやって、終わってもう一つをすぐに始めるということなのか。それとも同時に2つをやるのか。それは週刊連載なのか。企画からネーム、作画まで自分なのか?そうではないのか?

、、、去年、一年間の準備を経て、ようやく始めた週刊連載。その一本で、いっぱいいっぱいになった一年。

それを、今年は新連載2本、という目標にすることで、達成するためにしなきゃならんこと、それはどういうことなのか、という考え方とか、

いろいろと思考することが出てくる。

この目標にしたときに、いろいろといろんなことを考えることができるから、良いなと思った。

あともう一つは、

「健康を死守する」

、、実は、これに向けてはもう始めている。

このお正月、僕は5日間休みまくるのだが、その時間を罪悪感とか、休み方がわからず退屈、みたいにならないようにいかに過ごすか?をやる。

結局、僕が今現在かかええいる「やらなくてはならないこと」の微量さを鑑みると、焦って働きすぎる必要は全くなく、この状況でも休むことに不安を覚えていたら、この先やっていけない。「そうしている方が安心だから」という自己満足にすぎない。実はこの考え方は、実際に真剣に仕事の成果を増やすことの敵だったりする。

これも今、湯船で気楽に打っている。

、、、大晦日に、僕はお雑煮を作ってみたんだけど、とてもおいしかった。
マンガを描く以外のことで、いろんな体験をしたいんだよな。

逆説的に、人生は忙しいはずなのだ。

画像2



、、、そんなわけで、そろそろのぼせそうなので、いったんこのくらいで切り上げます。


ここから先は、有料部分で、恒例の僕の新連載に向けた記録noteだよ!▼

この続きをみるには

この続き: 130文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

月額980円

ここでは、毎週金曜日更新で、 LINEマンガで連載中の「りさこのルール」の最新ネームを先行公開するほか、 僕の近況や、感情、出来事をしっか…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

正直、あなたのことが好き。
8
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りさこのルール」/ 新連載準備中/ コルク所属 LINEマンガ「りさこのルール」▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730