誤差が生む未来とは、、、!
見出し画像

誤差が生む未来とは、、、!

つのだ ふむ

今日は、とある作品について紹介したい。

Twitterで、夜19時に「縦スクロールマンガ」を「毎日」アップしている「まきはるか」というマンガ家がいる。

彼女は僕と同じ絵の師匠に教わっているのだが、
ここ最近の彼女の縦スクロールマンガは、
異常な領域に足を踏み入れつつある。

まずは僕が「大傑作」だと確信した、昔話の「ネズミ浄土(おむすびころり)」を再解釈したこちらの作品を読んで欲しい。

もし、面白ければ、彼女のTwitterから続きをぜひ。3話完結です。

今回のnoteで伝えたいのは、ここ数日で彼女が投稿していた「笠地蔵」シリーズだ。

昔話の「笠地蔵」のストーリーは、
雪をかぶっているお地蔵様をみた貧乏なお爺さんが、売り物の笠をかぶせて帰宅したら、
夜中にお地蔵さんが恩返しに大量の食べ物やお宝を置いていった、
というなかなかつまらない話だ。

まきはるかは、この話を大傑作「おむすびころり」の後にマンガ化した。

さぞ、ユニークな笠地蔵のマンガなのだろう!!

と読み進めると、、、

なんと、原作に忠実にマンガ化しているではないか。えぇ?

、、、正直つまらない!原作のつまらなさをあらためて確認するという狙いなのか?、、、

だが次の日、まきはるかが投稿したマンガに、胸が躍った。

「パラレル笠地蔵」

キタ!!つまらない笠地蔵を前フリにしたパターンだ!!!

ワクワクしながら読み進めると、、、
(ここから先は、ネタバレを含む。)




今回のパラレルワールドでは、
お爺さんが悩んだ末に、お地蔵様に笠をかぶせず、予定通り笠を売った金で婆さんにお餅を買って、火を囲んでうまそうにお餅を食べて終わる。

何も起きない!!なんだよこれ!!

でも、、、なんだか不穏な空気を感じる。
これで終わるわけがない。
「何も起きない」という強烈なヒキを味あわされている。凄いぞ。

そして、次の日の更新。

「パラレル笠地蔵2」。

はいキタ。やばいのきたよ。

パラレルで何度も笠地蔵を見させられるなんていう体験(しかも縦スク)が、ものすごく新鮮。こわい。

そしてこれはどんな話だったのか。

それは、ここまで読んでくれた方なら、気になってくれてるだろうから、
ぜひまきはるかのTwitterで読んでみてほしい。

このシリーズで描かれたのは、
ほんのささいな行動の誤差が、未来を大きく変えてしまうというバタフライエフェクトだったのだ。

地蔵に笠をあげたお爺さんの未来。
地蔵に笠をあげなかったお爺さんの未来。
そして、、、、

正直つまらない笠地蔵の物語を、このような形で見せられ、ちょっと日常の見え方が変わったよ。
映画の「メッセージ」を観た時も、そう思った。

これは、まきはるかの縦スクロールマンガを追い続けてるファンでないと、なかなか付き合い切れない仕掛けだったかもしれないけれど、ファンには最高の仕掛けだったと思う。

ファンであれば、どこまでも作家の謎に付き合いたいものだから。
僕もふむダチに向けて、こういう作品を作りたいと思った!!

日々の行動のほんの少しの誤差が、きっといい未来を作るかどうかを決めている。


最後まで読んでくれてありがとうございます!!
ぜひ僕のTwitterのフォローもよろしくお願いいたします!!▼

https://twitter.com/tsunoda_fumm?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふむの楽屋は、本番前の、楽屋の緊張感、臨戦態勢感と、本番終わりの、安堵感、開放感、振り返り感、両方を垣間見える場所です。

ふむの楽屋

980円/月

ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つのだ ふむ

ふむダチのみなさま、ほんのひとつのいいねやコメントが僕の日々の力を倍増させます!ありがとう。サポートなんてされた日には、昼飯にプラス100円でオプションのおかずつけちゃうくらい気持ちがはずむよ。ふむダチに見てもらえてるということが元気玉になる。!

放課後、体育館裏来て欲しい。
つのだ ふむ
マンガ家。cakesとLINEマンガで同時連載→「りリアル・ユー」/NewsPicks 新連載「REACH-無限の起業家-」/ コルク所属 ▼https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000730