初期の日記「つのだふむ動静」

4
記事

つのだふむ動静2018年6月18日

咳がひどくて治らないので病院に来て、これを書いている。編集のむーさんから来た外国人からみた日本、という資料をみて、いろいろインスピレーションを得る。この日は雨の日だったし、新宿の会社にいるので、試しにぼくもそれっぽいサイバーパンク東京の写真を撮ってみた。

あと、会社の隣にピンサロができた。

(けっこう安いな、、、)(30分×2人、、、?)

養生するので、今日はこのくらいで筆を置く。
だい

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
13

つのだふむ動静2018年6月4日

朝。通勤電車で、君たちはどう生きるか のこの広告発見。羽賀さんが、みんなで正面見てるってどゆこと?設定がわからないとなかなか描けない、、、と苦心していたのはこれかなと思う。ツイッターで正司くんとエロトークを延々とやっていたらフォロワーが減った。彼は増えたらしい。
昼にカレーラーメン屋に入る。皆一様にサービスライスをつける中、ぼくはさすがに出てきたお腹を気にして、ラーメンとライスの最悪コンボを避ける

もっとみる
うわあ、めっちゃ好き!!
10

つのだふむ動静2018年6月2日

朝、宿にて5時30分に起き。支度をし、撮影現場へ。

ボウイ好きのドラマー、ギタリスト、ベーシスト、ボーカルが総勢1000人あつまり、たった3曲を一斉にプレイする。それを10台くらいのカメラで撮る。
撮影は一瞬なので、ほとんどの時間が待ち。

こしの先生によるラブツッコミ。
その後、リハ、本番と順調におわる。昨年も来たが、アツイイベントである。好きを本気で具現化したエネルギーに圧倒される。

もっとみる
いま、会いに行きます。
7

突撃虫

佐渡島庸平さんが立ち上げた「コルク」という会社に、年始からモソモソと作り続けていた「CLOUDMAN 」持ち込み突撃をしたのが、2017年6月末のこと。

考えたら私の中には、たまに急に動きだす、突撃虫がいて、気になる人には知り合いでもないのに作品を持って突撃する。

飲み屋であの超絶技巧作家・大友克洋先生に「売れない自伝漫画」を渡したことも。
ファンである長嶋有先生に同じそれを送って週刊文春の書

もっとみる
いま、会いに行きます。
11