初期の日記「つのだふむ動静」

2
記事

つのだふむ動静2018年9月6日

「ボタンを押すまで」

押してごらんと言われたボタンを、ためらいなく押すってなかなか難しい。今描いているネームが、拉致された状況で、ボタンを押せと言われ、結果的には自分の判断で押すことになるのだけれど、どれだけ主人公のキャラ設定を「流されやすい」キャラにしたとしても、それだけで押させることはできない。いかに押させるか?に悩んできたが、むしろ「押す理由」こそ物語であり、彼女の持つバックボーンを描くた

もっとみる
放課後、体育館裏来て欲しい。
10

つのだふむ動静2018年9月5日

昨日からここをマンガを描く前の脳内メモ場にしている。
ゼロのネームについては少しむーさんとやりとりして脳内整理した。

引き続きセガの企画。
プリクラの思い出といえば、あのあらい画質のちっちゃな写真のフレームに「友達」と収まったかどうかが重要な時代がたしかにあった。
女子たちは、その「友達リスト」を分厚いプリクラノートにしたためていた。誰と撮ったか?が全てかのようだった。今は、それがTik Tok

もっとみる
好き、、、、です、、、、。
9