初期の日記「つのだふむ動静」

3
ノート

我、無人島にて祭りを開催する者なり。

今回は、milieu編集長・塩谷舞さんからSNSのいろはコンサルを受けた先週のこととか、エッセイマンガブーム(?)とヒップホップブームの関係について思いを馳せたりとかを書く。

新感覚SFスリラー「クラウドマンーさわれぬ日々ー」の日々更新をはじめて、気づけば3ヶ月と20日。初夏から秋口へと季節は流れ、もう今年の終わりも射程圏内。

毎日更新を始めたころのイメージでは、「こんな面白い表現を毎日更新で

もっとみる
正直、あなたのことが好き。
13

日常と非日常をまっぷたつに。

前回の投稿のあと、ものすごく体調を崩した、季節の変わり目。
急激な気だるさ、頭痛、熱っぽさ、節々の痛み。加えて下痢P。今はようやく回復して、日常を過ごしている。のこるは下痢Pのみ。

 前回の続き。

劇場映画一作目上映終了の後、特に次につながる具体的な話が浮上しなかった私は、「もう、勝手に作っちゃえばよくね?」の境地へと到る。

もともと勝手に作る気質の持ち主ではあるのだが、それを再刺激したのが

もっとみる
放課後、体育館裏来て欲しい。
11

日常。

私は毎日「CLOUDMAN-さわれぬ日々-」という、動く漫画「漫動画」の連載を続けている。

サンディ株式会社という、仲間と一緒に2015年から立ち上げた会社でディレクターとして働きながら、

スキを見て新宿のオフィスで、西荻の自宅で、阿佐ヶ谷の噴水広場で、地下鉄丸ノ内線の中で。

ようするにどこででも作っている。

パソコンと紙とペンさえあれば、どこででも作れるような形式を目指した。

日常の中

もっとみる
放課後、体育館裏来て欲しい。
10