日記アーカイブ 「スピルバーグの倒し方」

4
記事

「僕」がたくさん読まれました。

読んでくれたみなさん、読んだだけなく感想を言葉にしてくれたみなさん、そしてシェアしてくれたみなさん、、、本当にありがとうございます!ぼくのnote史上一番いいねがつきました。これからも粛々と作品作りをしてゆきます。応援していただけたら嬉しいです!

最近ぼくは新しい連載をしていて、バズりはしないものの、自分的には有意義で手応えを感じてやっています。

これは一連の佐渡島さんとのやりとり。今自分

もっとみる
抱きしめていい!?
19

ふむ展は最重要イベントだった件

毎年、年末になると「振り返り」みたいなことをして悦に入る自分がいたけど、このふむ展はこれまでとは次元の違うほんとうの振り返りになった。
ものすごく時間はなかったが、根津カレーラッキーの緒方マスターに「つむくん展示やろうよ!」と誘われて(マスターはぼくをつむと呼ぶ)、ジムキャリーのイエスマンよろしくイエスと即答。そこから、展示に向けて自分の作品を振り返る機会を得た。
実際に人前で「これがつのだふむで

もっとみる
好き。ほんとに好き。
18

今日からふむ展

いま、展示会場である根津カレーラッキーに向かいながらこれを書いています。準備を手伝ってくれるのは、おなじみ編集者のむーさん。
今年勢いで乗り切ったおれを象徴するような、最大出力のノリイベントだ。おれは美大を出ているが、展示というものをしたことがない。展示童貞だ。まさかこんなかたちで童貞を捨てるとは。まぁ童貞はたいがいにして「こんなかたちで捨てるとは、、、」というものだろう。

本日17時30からあ

もっとみる
好き。ほんとに好き。
14

展示まぢか

いやー前回北野武映画を語る前振りしてから、バタバタ過ぎて、書けないままです。なぜなら年の瀬だし、そこに初の展示をぶつけているからです。デジタル作家だから、原画展ができない。どうする?もちろん印刷っしょ。大量に!!物量作戦っしょ!!プラス工夫。一枚大きい紙に現場で描き下ろすとかね。在廊中に、、、。

この展示を持ってこれまでの自分の振り返りは最後とし、燃やし尽くすつもり。もう振り返らない!

自分

もっとみる
うわあ、めっちゃ好き!!
12