日記アーカイブ 「スピルバーグの倒し方」

13
記事

弟への手紙

僕は、面白いマンガを描けるようになるための
半年間のカリキュラム
「コルクラボマンガ専科」に参加している。

先日の授業は、
文章表現・コミュニケーションインストラクターの山田ズーニーさんによる
「相手に響くように伝える」
だった。

この授業は5時間に及ぶワークショップの中で、自分の思いを深く探りにいき、
誰かに向けて手紙を書く。そして、それを1人ずつ発表するというもの。

僕は、3つ歳の離れた

もっとみる
抱きしめていい!?
30

マンガ家の心得。<第一得>

僕は今、画力アップを中心とした「マンガ家修行」に行っている。
これから、そこですごく自分に刺さったことを、このnoteで共有していこうと思います。

今回は、技術論ではなく、「モチベーション」の話です。

まず人は、「何をやっていてもモチベーションが下がることがある」という前提を認めて向き合った方がいい。

「やってやるぞ!燃えてきた!」ということを同じエネルギーでやめずに続けていることがどれ

もっとみる
放課後、体育館裏来て欲しい。
28

最愛の人たちを描く理由

新しい連載を年始から始めている。「最愛の人たち」というタイトルをつけてみた。概要はこうだ。▼

僕は明確に、描くチャレンジを決めた。僕に足りなかったこと。露悪的じゃない、突飛でもひねくれた言い方でもない、キャラクターをどんどん好きになってもらうように描く。これまで、実はこれを意識してなかった。たまたま、ハマった時は、いい反応を得ていた。「佐渡島庸平との定例会」シリーズも、じつはあの佐渡島庸平さんの

もっとみる
やば、好きになっちゃうかも。。
18

つのだふむネタノート2018年10月12日

ネタノートにしてから、動静の時より少しずつフォロワーが増えているようだ。やはり、無名のやつの動静などは毎日更新されていても「知るか」といったところか。ふむ。トライアンドエラー、スクラップアンドビルド。

ここ数日は1P、できるだけ少ないコマで、どのまで物語を感じさせることができるか?に挑戦している。▼

ワンダー・ハネスの「ハネスライフ」より。

コルクbooksにて、明日あたりハネスライフと思春

もっとみる
いま、会いに行きます。
11

つのだふむネタノート2018年10月11日

本当は一枚絵だけで時間の流れや状況や前後がわかる絵を描きたいんだけど、どうしても2コマになってしまったやつ。

これは気まぐれで、手描きで下描きした。▼

ご意見▼

こんな手厳しいやりとりが読めるのは、コルクbooks だけ!

「正直な意見を言われること」におれもだいぶん慣れてきた。すると、みんなもぼくに言いやすくなってきて、言ってくれるようになった。こんなにありがたい世界はない!気を

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
13

つのだふむネタノート2018年10月8日

昨日はこしのりょう先生の漫画倶楽部に行ったよ。明治大学。大学一年生の時に、明治大学のそばのファーストキッチンで一瞬だけバイトしてすぐやめた思い出。その後、カレー屋、レンタルビデオ屋で働いたけど、どれも仕事を覚える前に一瞬でやめた。おれはバイトができる器ではないなあと思った、、、そうしてそれからはずっとやりたいことだけをやる人生を目指している。こんにちは!

久しぶりにみんなに会えて、とてもおしゃべ

もっとみる
ありがとう、大好きなふむダチ!!
17

つのだふむネタノート2018年10月6日

すごい夕焼け雲@岡山。
帰りの新幹線にて、「佐渡島庸平との定例会 vol.2『1/8000』」を描き終え、コルクbooksにアップしました。作家さらけ出しドキュメントであり、情報マンガであり、バトルマンガでもある新ジャンルを確立しています。

ぼくはぼくの世界観を構築するため、描くキャラクターをしぼることにした。
佐渡島庸平との定例会シリーズの佐渡島庸平氏とサンドふむバッグ君。▼

そして先日のキ

もっとみる
抱きしめていい!?
15

つのたふむネタノート2018年9月19日

長編ネームZEROについて、コルクbooksでこしのりょう先生と修正ラリーをしている。それだけではない、こしの先生はここ数日のぼくのマンガ全てにラリーをしてくる。すごい。部屋入りしたての新人力士に自分を重ねる。そしてそのモノマネをする中川礼二師匠まで見えた。

速度感含め、公開された場でこのようなことが日々行われているのはすごいので、ここで無料で公開する。もちろんコルクbooksでは最新のものが常

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
12

2018年9月17日つのだふむネタノート

ZEROという長編のネームを描いては直し描いては直しをしているが、らちもあかないし、どうせならやっぱこれもオープンにしようと思ってコルクbooksで公開しながらページ更新をはじめた。

ベテラン作家であるこしのりょう先生が、すごい速度で意見をくれる。その熱量がすごく、こちらもすぐに修正してこたえる。この壁打ちの中で一番面白いものができればいいと思っている。自分の強みを理解して残す部分は残さなきゃだ

もっとみる
やば、好きになっちゃうかも。。
11

2018年9月16日つのだふむネタノート

石田三成アカウントが、関ヶ原2018で連続進軍ツイートを続けていたので、敗走を始めたタイミングで上記画像を送りつけたが、無視された次第。世界観に緻密なルールがあり、それを逸脱してしまってるものにはリアクションないのだと思った。純粋につまらんことを言うやつも無視していると思うが。

こしのりょう先生や佐渡島さんを筆頭に、みんなの意見を聞いてネームを修正していく、ということをコルクbooksで実験して

もっとみる
好き、、、、です、、、、。
9