日記アーカイブ 「スピルバーグの倒し方」

7
記事

丁寧さを最大出力に。

これまでぼくはとにかく勢いで漫画を描いていて、丁寧さとは無縁だった。絵は後でどうにでもなるから、とりあえずはやく物語を紡ぎたいという思い、と言えば聞こえはいいが、ようはめんどくさがりの雑な男だっただけである。
そしてたちの悪いことに、心のどこかでは「本気出せば、一枚絵なら鳥山明に肉薄できる」と思っている自分がいた。絵を雑に描くことの最大のデメリットは、「自分の限界を無意識のうちに高い位置に設定する

もっとみる
好き。ほんとに好き。
18

こしの会の記録

ベテラン漫画家、こしのりょう先生が「これまで」と「これから」をさらけ出した素晴らしい会でした。

巨星コシノに立ち向かう流れ星ふむちゃん

ぼくの「こしのサポーター」というギャグプレゼントが、お客さんになかなか伝わらなかったのが惜しまれますが、とにかくこのようなキャリアとエピソードを持つ作家とこんなにフラットに接することのできる機会はそうそうない。
ぼくはほんとうにラッキーだなあ。そう思いました。

もっとみる
やば、好きになっちゃうかも。。
15

展示の撤収に向かう電車にて。

これから根津カレーラッキーにて、ふむ展展示の撤収作業のために電車に乗っています。まもなく、小川町。乗り換えます。長いような短いような2週間だった。いや、普段なにげなく過ぎて行く2週間に比べたら、だいぶ濃密で長いものだったように思う。

一万円で売る!と豪語した二枚の絵。四枚描く予定だったけど、なかなかうまくいかない。でも、たくさんの人に来場してもらえた。展示って楽しいんだなあと思った!年末のノ

もっとみる
放課後、体育館裏来て欲しい。
11

「僕」がたくさん読まれました。

読んでくれたみなさん、読んだだけなく感想を言葉にしてくれたみなさん、そしてシェアしてくれたみなさん、、、本当にありがとうございます!ぼくのnote史上一番いいねがつきました。これからも粛々と作品作りをしてゆきます。応援していただけたら嬉しいです!

最近ぼくは新しい連載をしていて、バズりはしないものの、自分的には有意義で手応えを感じてやっています。

これは一連の佐渡島さんとのやりとり。今自分

もっとみる
いま、会いに行きます。
19

時間はちゃんとかかる。

今日もマンガを描きました。一つ一つを明確に考えて描くと、ちゃんと時間がかかる。初心に帰り、久々に1pマンガを描いているけど、やはりここに全ては詰まってるように思う。1pで伝えられることは一つ。8pくらいまで、一つと言われている。そこから先にページ数を増やすならば、一つの言いたい話から広がるストーリーの扉が開く。2pとか、4pとかでざっくり描いているようなことは、本来1pで十分だ。極限まで贅肉を落と

もっとみる
抱きしめていい!?
13

最愛の人たちを描く理由

新しい連載を年始から始めている。「最愛の人たち」というタイトルをつけてみた。概要はこうだ。▼

僕は明確に、描くチャレンジを決めた。僕に足りなかったこと。露悪的じゃない、突飛でもひねくれた言い方でもない、キャラクターをどんどん好きになってもらうように描く。これまで、実はこれを意識してなかった。たまたま、ハマった時は、いい反応を得ていた。「佐渡島庸平との定例会」シリーズも、じつはあの佐渡島庸平さんの

もっとみる
ありがとう、大好きなふむダチ!!
18

あけましておめでとう、

ふむ展が2018年と2019年をまたいでます。年末、公私ともにけっこうな追い込みをかけたゆえ、風邪でダウンして見事2年連続の寝正月と相成りました。

そんなこんなで一週間以上、マンガを更新せずにいたら、コルクbooksでこれまでで最高額のサポート課金とともに「毎日楽しみに待っています。このままやめたりしないですよね?」との応援コメント。みるみるうちに、ふむは体調を回復。そう、俺は趣味でやってるんじ

もっとみる
うわあ、めっちゃ好き!!
18