今日のふむごと  つのだふむ

29

誤差が生む未来とは、、、!

今日は、とある作品について紹介したい。

Twitterで、夜19時に「縦スクロールマンガ」を「毎日」アップしている「まきはるか」というマンガ家がいる。

彼女は僕と同じ絵の師匠に教わっているのだが、
ここ最近の彼女の縦スクロールマンガは、
異常な領域に足を踏み入れつつある。

まずは僕が「大傑作」だと確信した、昔話の「ネズミ浄土(おむすびころり)」を再解釈したこちらの作品を読んで欲しい。

もし

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
13

街中ですれ違う可能性を

良い似顔絵のように、キャラクターデザインをしたい。

マンガ家仲間の羽賀翔一君は、圧倒的に似顔絵がうまい。
似顔絵に関して、こんなにうまい人はそうそういないのではないか、と思う。
有名なマンガ家でも、似顔絵となると、急に写実っぽくなる人もいる。
造形をイチから似せると言うよりも、その人の出す雰囲気、挙動を含めた「その人の構成要素」を抜き出し、一枚絵に落とし込むことで、似てる!と思える。
モノマ

もっとみる
抱きしめていい!?
19

令和実家怪談

今日のふむごと、今日は移動中に執筆。
先日の実家での心霊話。

-------

先日、確定申告で実家に帰った時に、父がこんな話を始めた。

「寝室に、幽霊が出るんだ。」

突然の怖い話スタートに、僕はぎょッとしたが、父はお構いなしに話を続ける。

「寝ているときに、これまでに三度、肩を叩かれたんだ。お母さんが起こしに来た、と思って目を開けると、誰もいない。確実に、体に触れられた感覚があるのに

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
12

アイディアは、頭の中にない?

ーーーーーーーーーーーーー

11話までのネームの構成を何度か書き直し、だんだん明快さが上がってきた。

今回直すのに、自分の頭であれこれ考える時間はそれほどなかったように思う。
どこが伝わっていないか、意見をもらったり、参考資料や参考になる言葉をTwitterやテレビなどから拾ったり、調べたり、それらを手書きのnoteにまとめることがほとんどの時間だった。

これが、佐渡島さんの言う「日常からダ

もっとみる
好き、、、、です、、、、。
10

「健康第一」ではないという話と新コロナ。

「健康第一、じゃねえぞ。」

これは、最近僕が絵の師匠から言われた言葉だ。
師匠はべらぼうな量の仕事を圧倒的なクオリティでこなしている人間だ。
ああ、やっぱり、健康とか言ってないで、やりまくるしかないのかあ、、、と腹を括った瞬間、師匠は続けてこう言った。

「健康第一とかじゃなくて、健康が全てだから。」 

、、、つまり、クリエーターにとって、健康は「一番大事」というレベルの話ではないらしい。

もっとみる
抱きしめていい!?
20

ドラマ化するなら、役者は誰だ?

昨日から、実家で確定申告作業をしている。
今年の6月から独立し、事業主として青色申告をした。まだ作業の途中だけれど、まあまあ還付金がありそうなことがわかってきて、微笑んでいる。ニタ〜。

母が「テセウスの船」というドラマにハマっていたので、一緒にチラ見してみた。

マンガ原作で、よく電車で広告も見かけていて、アプリで1話の試し読みも読んでいたが、、、思っていたジャンルの作品と違くてびっくり。
重め

もっとみる
うわあ、めっちゃ好き!!
14

主人公が乗り越える「壁」はなんだ?

「りさこのルール」13話までの、ネームの大構成を書いた。
流れ自体は悪くない。そういう出来事が起こるんだろう、ということはわかる。
でも、、、

「この物語は、どういうところが見せ場になっていくんだろう?」

ということが露呈してきた。

「主人公に壁が与えられて、それを乗り越えていく」というのはマンガの幹なのだけれど、
その「主人公の壁」がなんなのか?というのが、はっきりしていなかった。
どんな

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
13

日常でVRゴーグルをつけ続ける。

昨日は佐渡島さんと定例会をして、作品を描くときにマンガの世界にダイブするのではなく、日常から作品世界にダイブしていなくてはならないと指摘を受けた。
なにを見ても、なにを体験しても、「りさこのルール」の世界の出来事に変換する状態になるはずだと。

言うなればVRゴーグルをつけて、日常を変換し続けている状態だ。

僕はマンガを描いている瞬間瞬間で、ボルテージが上がるシーンでは時折作品にダイブしていると

もっとみる
ありがとう、大好きなふむダチ!!
22

悩むというのは自己満かもしれない。

直感の選択と、悩んだ末の選択は、85%の確率で同じ選択をするのが人間である、という記事をどこかで目にして、僕は直感でその内容を信じて実行してみることにした。
裏どりは何もしていない。

昨日、このnoteを始めた。
もともとぼんやり、やりたいなーと思っていて、マンガ家グループでいつも書いている日報を転載すればいいと思っていたが、なにか他にもっとあるかもしれないと思って、やらずにいた。
でも、ライ

もっとみる
ありがとう、超絶好きなふむダチ!
13

勉強だけじゃマンガは描けない

物語を作るとは、どういうことなのだろう。

昨日、担当編集の佐渡島さんから
「まだ物語にダイブして描いていない」
と言われて、その状態のことがよくわからず、悩み、口数が減った自分がいた。

作業効率をあげることや、スキルの上達は、目に見えて刺激的であり、進んでいる感があるので、「マンガをやっている」風ではあるけれど、その上で本当に大切なのは、

「感情をとらえ、表現すること。」

その感情の捉え方

もっとみる
正直、あなたのことが好き。
35